2006年10月03日

家族を「する」家

家族を「する」家―「幸せそうに見える家」と「幸せな家」

2000年に出版されたこの本を改めて読み返してみました。

当たり前ですが家族と住宅は密接につながり、住宅は単なる入れ物、箱ではありません。

構造や施工について語れるビルダーさんは多くても、家族という視点から哲学や信念を語れるビルダーさんはまだまだ少ない。

間取りを考える段階になれば、当然「家族観」という軸が必要になってくると思われます。

 

これからビルダーさんを取り巻く環境がますます厳しくなることが予測されますから、各ビルダーさんが今のうちから「家族観」哲学を形成していくことをおススメします。

その際は、こういった本を参考にされると良いと思いますよ。

 

ビルダー勤務時代、実際お客さまに構造からの話ではなく、「家族観」「子育て観」からお話していくようしました。

すると、「そういう話をしてくれるところはなかった」「展示場で大手のモデルハウスを見たけど、聞かれるのは年収などの条件ばかりだった」という反応がほとんど。

もちろん構造や施工・デザインにも自信はありましたが、最終的には「家族観」「哲学」「信念」という目に見えない姿勢を評価いただけ、「他と競合になり得ない」ということで、相見積りにもならず。

 

何事もバランスが大事で、目に見える構造や施工・デザインで訴求するのが5割、目に見えない「家族観」「哲学」「信念」で訴求するのが5割、が良いのではないでしょうか。

 

この著書である藤原智美さんだけでなく、建築家の宮脇壇さんのこちらの本もご一読あれ。

男と女の家

「家族観」「哲学」「信念」というものに正解はありません。

それゆえ追求していくことは困難で、多くの方が実生活と切り離し目に見えるものだけを追おうとします。

だからこそ面倒でもご自分の家族関係も見つめ直し、家族観を構築し直そうとするなら、それは必ず受注に跳ね返ります。

目に見えるものだけ追うのでは家づくり全体の5割だけ、片手落ちになることをお忘れなく。

 

今週も人気ブログランキングご協力ください


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ワンマン   2006年10月03日 19:12
昔、2世帯住宅の2Fに浴室のある他社のプランを選ぼうとしたお客さんの奥さんに対しひとこと、「親が寝込んだらオブって2Fに連れて行くのは奥さんですよ。本当にいいのですか?」これで私の1F浴室プランに決まりました。「目に見えないこと」ってこんなこと??
2. Posted by ビルダーナース   2006年10月04日 00:09
>ワンマンさんへ

そうですね。
ワンマンさんの事例も目に見えないことに入ると思います。
もっと追求するなら、2世帯で暮らす10年後・20年後をイメージしてもらい、どういう生活になるか頭でシュミレーションしてもらうと良いかもしれないです。
2階浴室のメリット・デメリットをじっくり考えてもらえると納得度も深まるでしょう。

おぶって2階までいく親の老後は20年後くらいだからそれまで視界の良い浴室生活を楽しみまたリフォームするか、もうリフォームしたくないから最悪条件に備えて工事をするか、選択してもらうというように。

重要なのは本人に納得して決断してもらうことだと思うので、できるだけ客観的に年数を経た時のメリット・デメリットと、それの対応を提示することではないでしょうか。
3. Posted by gonsuke   2006年10月04日 02:16
>目に見えない「家族観」「哲学」「信念」で訴求するのが5割
この部分ですね。うちの会社も構造中心路線ですから、是非この本で勉強させていただきます。ありがとうございました。「バカ売れキャッチコピー」は読みました。この作者のブログも見られましたか?経営・マーケのランキングに出ておられますね。
4. Posted by smooth@マインドマップで読書感想文   2006年10月04日 07:01
ビルダーナースさん、おはようございます。

>「他と競合になり得ない」ということで、相見積りにもならず。

これは大きいですね。
私も「本業」で意識してみたいところです。
がんばろう(笑)。

それと、IKEAはかなりヤバそうです(汗)。
ブログでは顔出しになっちゃうんで、スナップ載せませんが、私が行ってもはまりそう(笑)。
5. Posted by ビルダーナース   2006年10月04日 16:04
>gonsukeさんへ

こういった本で、残り5割の部分をお客様にアピールしていく術を身につけてくださいね。
gonsukeさんは元々こういう目に見えないことを大事にされる方なので、訴え方さえ身につければ訴えるべきことは既にお持ちかと思います。

バカ売れのブログ、読んでみますね。
ありがとうございます。

>smoothさんへ

もうそのキャラで充分競合になり得ないかと・・・。
素のご自分を出されればsmoothさんブランドは既に確立されていると思いまーす。

IKEAに行かれたら、それだけで1週間はブログが書けるほどネタが詰まってますよ。
お財布持たずに行かれてください(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Skypeでナースコール♪
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪