2006年08月17日

キーワードは「文化」

住生活基本法により、国が本腰を入れて量から質へ転換を図ります。

それに伴い、これから住宅業界も転換を余儀なくされるでしょう。

今までのように質より量を優先、20数年でスクラップ&ビルドを繰り返すちゃちな住宅を建ててきた業者は淘汰されていくことと思います。

そんなこれからの時代のキーワードになるのは、ずばり「文化」ではないでしょうか。

加えて「歴史」や「伝統」。

 

住宅を商品とかモノとして捉える今までが不自然で、長い年月地域や住む人によって育まれる本来の姿に戻るだけなのだと思います。

その背景には地域の「文化」が必ずありました。

また日本の気候・風土に合ったデザインであり、構造であったはずです。

100年も前から今のようにてんでバラバラの家並みではありませんでしたよね。

こっちは黄色の外壁で、あっちはコンクリート打ちっぱなしなんて、単体で見たらそれぞれ個性的で良いけれど、街並みとして引いて見ると統一感がおよそないところばかり。

 

これからの時代、「文化」を考慮した家づくりをビルダーも施主も考えなければいけないと思いませんか?

どこでそんな学びができるのかと思ったら、ありましたよ。

その名も「住まい文化研究会

一流の文化人を招いて、住まいを文化的側面から考える講演が定期的に開催されています。

施主向けですが、ぜひ!

技術的・経営的なセミナーは頻繁にありますが、文化を語れる人は少ないですから、交通費をかけても参加する価値があると思います。

次回は来月2日に「日本の住文化について」が開催されます。

 

人気ブログランキングにご協力ください


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mr.gonsuke感謝するから幸せになれる   2006年08月17日 11:21
おっしゃるように個々が好き勝手なデザインで建てている住宅地って多いですね。その点ハウスメーカーの分譲地は、イメージが統一されていて、美しいです。勿論、資産価値も違ってきますよね。商社時代、担当していた山の方の分譲地で「レインボータウン10棟口」というのがありました。青、紫、オレンジ、緑と外壁が一棟一棟色が違っているのです。見た瞬間気絶しそうでした。これってどう・・・と思いましたが、私が現場に行っている時、すでに完売していました??だけど回りが古い住宅ばかりでむちゃくちゃ浮いていましたよ。

「住まいは文化研究会」三澤 千代治さんが理事長なんですね。東京方面だけのようなので残念です。私も総二階の家をM社のT・Sで建てているので、「文化」を学んでおかなければ・・・。
2. Posted by mami   2006年08月17日 21:42
次回は裏千家の前のお家元が講演をなさるんですね!
ちょっと聞いてみたかったな。
学生の頃、表千家のお家元でお稽古させてもらう機会があり、いろいろな茶室を見させてもらいましたが、建築に全然詳しくない私にも、「日本家屋ってすごいんだなー」と思った記憶があります。
決して華美ではないのですが、欄間の芸術的に細やかな彫り、雨戸の溝、正座することが基本なので、その位置からの見え方を計算した間のとり方、窓の配置、ふすまの取っ手の位置に加えて、取っ手自体の素晴らしさ!などなど。

でも9月2日ってNY旅行中なんですね(・・)
3. Posted by smooth@マインドマップで読書感想文   2006年08月17日 22:04
ビルダーナースさん、こんばんは。

「煮出し紅茶」ですが、ちょっとチャイみたいなフレーバーで、おそらく牛乳で淹れた紅茶だったかと。

そうそう、明日ご紹介する予定の本、手書きチラシ満載なんですけど、建築関係の実例も載ってましたよ。

お会いした時にでもお貸ししましょうか?
4. Posted by Kiki   2006年08月17日 23:02
「住まい文化研究会」面白そうですね。
家だけに限らず、何事もバランスが大事ですね。
日本は特に優れた文化をもつ国ですから、それを踏まえて家を作ったらよりよいものになりますね。
5. Posted by ビルダーナース   2006年08月17日 23:13
>gonsukeさんへ

青、紫、オレンジ、緑と外壁が一棟一棟色が違っている住宅ですか??

想像しただけですごい!
20年も経てば飽きられそうです。
「住まいは文化研究会」は現在東京のみですが、機会があれば何かのついでにぜひ。

gonsukeさんの家づくり物語も聞きた〜い。ブログに書いてもらえるとうれしいです♪

>mamiさんへ

mamiさんなら行きたい筈(笑)
まぁ今回はNY優先ってことで。。。

日本家屋は世界に誇れる「美」が詰まってます。そして凝れば凝るほど奥が深い。
私も家を持つなら和風ではなく、純日本家屋が良いです。

都内にも素敵な佇まいの日本家屋が見学できるところがあるので、今度一緒に行きませう。
6. Posted by ビルダーナース   2006年08月17日 23:35
>smoothさんへ

チャイでしたか!
それはおいしそうです。

明日のブログも楽しみですね。
ぜひその本貸してくださいっ。

>kikiさんへ

「住まい文化研究会」は教養のためにも良さそうですよね。
今回は旅行で私は行けないのですが、次回からは参加必須にします(笑)

仰るとおり、バランスはとても大事ですよね。とかく技術ばかりに目がいきがちな業界ですから、文化にも目を向けてほしいです。
7. Posted by smooth@マインドマップで読書感想文   2006年08月18日 21:14
>ぜひその本貸してくださいっ。

了解しました。
前作も注文済みなので、間に合えば一緒に・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気