2006年06月13日

名刺を渡すときは

「お客さんに名刺渡す時って、旦那さんだけじゃなく、奥さんにも渡した方がいいですかね?」


と男性のビルダー経営者からのご質問に、「もちろん!」と即答してしまいました。

普通は渡しますよね?どうですか?

 

だっていつも「○○さんの奥さん」とか「○○君のお母さん」なんて誰かの付属品みたいな扱いをされることの多い奥さんですよ。

気にしない方もいるでしょうが、自分にも名刺渡してくれる人のほうが印象は良いでしょう。


お子さんも一緒でしたらお子さん一人一人に名刺を渡しましょうよ。

小学生くらいになれば背伸びしたい気持ちも芽生えるでしょうから、名刺を渡され一人前の大人のような扱いをしてくれたらきっと喜びます。


名刺の役割は自己紹介だけではないような・・・。

もっと大事な最初のコミュニケーション、握手みたいなものではないでしょうか。

 

人は誰かと対面した時に、相手に序列を付けて誰に名刺を最初に渡すのが良いか計算しているところがあります。

あきらかに上司と部下という立場の違いが明確であれば上司から。

男性と女性がいれば男性から、というように。


極端な場合、上司だけと名刺交換して付き添いのような部下とはしないなんてこともありますね。

私も長らく男性社会で働いていたので、何かで上司と同席しても名刺交換を無視されることは多々ありました。

そんな時は相手への心象はやはり悪いし、そういう人のいる会社製品は今後一切買わないようにもします。

 

だから旦那さんだけじゃなく、奥さんにも名刺は渡しましょう。


奥さんが仕事をしていて会社では管理職だったりすると、旦那さんしか名刺を渡さないビルダーさんを見て心の中でこう見切りをつけると思います。


「女性をそう扱う人なんだから、実際家づくりが始まったらこの人は私の話なんか聞いてくれないだろう」と。

 

案外そういうところまで女性はチェックしています。

名刺は1家族1枚ではなく、関わる全ての人全員に渡しましょうね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!

今週も人気ブログランキングにご協力ください

 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評   2006年06月14日 00:04
ビルダーナースさん、こんばんは!

今日のお話は、非常に大事な割には、気が付いていない(気にしていない)方が多いような感じがします。

特に家作りにおいては、奥さんの意見は重要ですものね。

以前読んだトム・ピータースの「トレンド魂。」を思い出しました。
2. Posted by mami   2006年06月14日 07:41
最近は絶滅したと思いますが、入社してすぐのころは、上司と先輩(男性)と同席して名刺を交換する際に、あからさまに先輩までで終わらせる人とかいました(苦笑)
あれはカチンとくるし、何だー?!と思いますよね。
そういう意味では、社内で差別されてるなー、と思うことは少ないので、上司や周りの環境には恵まれているんだな!と。
お客様が女性であれ、子供であれ、一人の人として認めてもらえると嬉しいし、当たり前のことだと思います。
たかが名刺かもしれないけど、あえて「渡されない」ということってされた方からすると、いつまでも記憶に残るほどの(悪い意味で)インパクトがあります。
3. Posted by gonsuke   2006年06月14日 16:52
私はモデルハウスに家族で来場された場合、ご主人にも、奥さんにも名刺をお渡しいます。これは基本だと思います。「主人がもらったのでいいです」と言われる人は、大体が専業主婦、すんなり受け取る人は、共働きの方が多いとか、そういうところも推測できます。何より最近の住宅はキーマンは女性であることが多く、奥さんに嫌われるとまず上手くいきません。勿論、お子様用のひらがな名刺も持っています。子どもさんにもお渡しするとすごく喜んでくれますよ。子どもが喜ぶと親の頬も緩み、いいムードで案内ができます。
4. Posted by ビルダーナース   2006年06月15日 09:59
>smoothさんへ

仰る通り、意外に忘れている方多いですよね。
一昔前は「女性に話しても意味がない」くらいの認識が多かったから、その名残でしょうか。

>mamiさんへ

やっぱりmamiさんもそういうことあったんだ。
無視された方は覚えてますよね。
でもまだそういう男性は、絶滅までは至ってないようです(苦笑)

>gonsukeさんへ

gonsukeさんはもちろん素晴らしい接客をされていることと思います。
相手の立場に立って考えられる柔軟性と、思いやりを持った方ですので、どんなお仕事をされても気持ちの良い対応を当たり前にできるでしょう。
でも悲しいかな、そのレベルに行き着く方は現状少ないかも。。。
5. Posted by Kiki   2006年06月16日 23:26
いや〜もうありえません。
女性だからとかいう前に目の前の方すべてに名刺を渡すのは常識ですよね。

これはお家を建てるときだけでなく、すべてのことに共通しますよ。
人としてできて当たり前、みたいな。

私がその場にいたら、「あの、失礼ですがお名前は?」とかいっちゃうかも知れません(苦笑)
6. Posted by ビルダーナース   2006年06月17日 22:15
>kikiさんへ

これがビックリ、いまだにあり得るお話なんです。
住宅業界に限らず女性を付属品扱いされる男性はまだまだ多いですよ〜。
早く絶滅してほしいですぅ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気