2006年05月30日

職人不足がやってくる

経済産業省から「工務店等経営改革検討委員会」による報告書が公開されています。

 

検討対象は年間10棟前後の零細工務店。

詳細は報告書を読んで頂ければと思いますが、これによると問題点は今後の「職人不足」に尽きる。

社会全体が高齢化しているわけですから、今活躍されている職人さんも高齢化していきます。

また職人さんの雇用環境も零細工務店では社員化しているところは少なく、手間請けですよね。

後任の教育も大変なのに、手間請けでお願いしている職人さんの採用や教育ができるはずもなく。

これに手をこまねいていると、受注はできても工事ができない自体がくるかもしれません。

報告書によれば、将来的に「工務店と職人のマッチング」実現に向けたい構えだそうですが、官主導で

環境が整備されるのを待っていてもいつになることやら。

 

現状できることを考えると定義とされる10棟前後の零細工務店では、人情に厚くなることではないでしょうか。

工賃の値上げも検討したいところですが、金銭だけで解決できることにも限界はありますし、誇りを持った職人さんを金銭だけでつなぎとめられるとは考えにくいです。

だから人情味、昔ながらの盆暮れのご挨拶や日頃の飲みにケーション、お施主様と職人さんがコミュニケーションを図りやすいよう場を提供するなど。

施工写真アルバムをお施主様に渡している場合は、各職人さんと施主様との記念撮影もしてアルバムに加えておく。

写真は職人さんにも渡すと、いい思い出ができますね。

 

工務店からするとお施主様には家づくり思い出を記録に残すのに一生懸命でも、職人さんにはいつもの仕事で終わらしてしまいがちです。

関わる全ての人が気持ちよく、良い思い出ができるようプロデュースするのも工務店の仕事でもあるはず。

元請である工務店が下職に仕事を発注するという上から下への流れを感じさせない。

共にやっていく仲間である雰囲気を演出する心遣いが一層大事になりそうです。

最終的には人と人とのつながりがモノを言うでしょうから、今から意識して職人さんとの絆を深めておいてくださいね。

 

毎日ここをクリックして、人気ブログランキングにご協力ください

 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評   2006年05月30日 22:23
ビルダーナースさん、こんばんは。

以前「職人学」という本を読んで、日本の職人さんのスキルに感嘆したことがありました。

ただ、そういうスキルの伝承というのは、どの業界でも問題になっているようですね。

>関わる全ての人が気持ちよく、
>良い思い出ができるようプロデュース
>するのも工務店の仕事でもあるはず。

まさにプロデューサーですもんね。
工務店さんの一層の頑張りに期待します。
2. Posted by mami   2006年05月31日 09:27
私は業界外の人間なので工務店の役割などは知らなかったのだけど、

“関わる全ての人が気持ちよく”というのはどの業界のどんな仕事でもそうですよね。
お客様に対してはもちろんだけど、同じ仕事をしている仲間に対してもそういう気持ちを大事にしたいと思います。
気は心、で伝わりますものね。
3. Posted by gonsuke   2006年06月01日 09:26
ビルダーナースさん 資料参考になります。ありがとうございます。職人さんとのコミュニケーションは本当に大事ですよね。人間関係を作らないと上手く現場がすすまない部分もあります。でも工務店側からは、喫煙場所、ゴミ処理などのマナーの問題、作業中ヘルメット着用などの安全管理・労災の問題など「今までこれでやってきた」という考え方を変えてもらうようにお願いしなければいけない部分もあります。むずかしいですね。建材営業時代、現場打ちあわせに行くと、昼休みに飲んだビールの缶にタバコの吸殻ギッシリという場面を何回か経験しました。こういう大工さんもここ何年かで少なくなったと思いますが・・。
4. Posted by ビルダーナース   2006年06月01日 10:20
>smoothさんへ

日本の職人さんのスキルは本当にブラボーです。社会的地位がもっと高くなってもいいのに。
そうすれば職人になりたい若者も増えると思うのですが・・・。

>mamiさんへ

まさに「気は心」ですよね。
やらせてやってるという気持ちがどこかにあったら、それは伝わってしまいます。
そうならないよう、どんな仕事でも互いに気持ちよくありたいです。

>gonsukeさんへ

お互いのコミュニケーションさえ円滑に進めば、昼からビールを飲みたくなる気分もなくなりますよね。
自分たちの言い分を押し通す状況から、どうやったら施主さんと共に楽しく家造りができるかを、当たり前に考えられるようになってほしい。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
「Skype Me」は提供を終了しました。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪